債務整理のポイント

整理屋、紹介屋について説明しています。

整理屋

整理屋、紹介屋という言葉を聞いたことがある方もいるのではないのでしょうか。整理屋、紹介屋の実態はどんなものなんでしょうか?整理屋は「多重債務を一本化しましょう」「低金利で融資を斡旋します」などといううたい文句をキャッチフレーズにして、新聞の折込広告をはじめスポーツ新聞や雑誌、ダイレクトメールやインターネットなどで広告をだしています。すべてとはいいませんが、こういった広告のなかには整理屋、紹介屋という悪質業者の広告が潜んでいます。毎月の支払いに追われ、借りては返すを繰り返している多重債務者は、どこか貸してくれるところはないかと常に探している状況になると、つい悪質業者の甘い言葉にひっかかってしまいます。

整理屋、紹介屋は、救済団体やボランティア団体、NPO法人であるかのように装ったりするなど勧誘の手口も巧妙化してきていますので、広告の段階で判断するのはとても難しいといわれています。また、提携弁護士というもっともらしい名も出すこともありますが、このような弁護士は悪質業者と組んでいて多重債務者から手数料を騙し取ることを目的にしています。

整理屋の手口

広告をみた多重債務者が融資を申し込んできたら整理屋、紹介屋はいったん断ります。そして債務整理をしたらどうですか?という形で弁護士を紹介するんです。紹介された弁護士のもとにいくと債務整理を引き受けるという話になり、その弁護士の事務所へ毎月一定額を振り込む形になります。弁護士の名前で各債権者に債務整理を引き受けたという通知を出し、業者の取り立てを止めることができます。

しかし整理屋、紹介屋で紹介される債務整理のやり方は、利息制限法に基づく再計算をせず、高い金利をベースにした額で分割払い等の和解をしてしまうので、最初から依頼者の支払い能力を無視して毎月の返済額を決めてしまいます。これでは払えるはずがなく辞任通知というものが出されてしまいます。要するにほっぽりだされるわけですね。この状態で法律事務所に支払った費用は丸々とられ、相談する前の毎月の支払いもそっくり残っていますから、借金を整理するどころか逆に借金がさらに増えることになります。

他の代表的な手口としてはあちこちで借金をして、もう大手業者から借金ができなくなった債務者に対して、すぐに融資をしてくれるサラ金やクレジット業者を紹介することで法外な紹介料をとる手口です。 こういった悪質な業者にだまされないように十分な注意が必要です。広告に頼らず公的機関の相談所を使用するのが賢いやり方といえそうです。